臨床検査科このページを印刷する - 臨床検査科


検査科HPを閲覧頂きましてありがとうございます。当院臨床検査科の簡単な紹介をさせて頂きます。
臨床検査科は、三村臨床検査科長以下、臨床検査技師10名の体制で運営しております。臨床検査科の業務は、患者様を検査の対象とする生理検査室部門、患者様から採取された検体(血液・尿・喀痰・手術材料など)を対象とする検体検査部門の二つに分かれており、さらに検体検査部門は、検体分析検査、細菌検査、病理検査の3つの業務より成り立っています。 

具体的には? 
生理検査室:心電図検査、呼吸機能検査、脳波検査、超音波検査など 
検体分析検査:血液検査、生化学検査、免疫検査、尿検査、血液型、輸血検査など 
細菌検査:塗抹鏡検検査、培養、細菌の同定、薬剤感受性、結核菌PCR検査など 
病理検査:喀痰や肺胞洗浄液などでの細胞診検査、手術材料などを対象にした病理検査 
という業務をそれぞれが担っています。

各検査室の現状は?と言いますと、
生理検査では、検査内容を患者様に分かり易く説明するなど接遇面に気を付けて対応しておりますが、呼吸機能検査などの依頼が集中した時などはどうしても待ち時間が長くなり患者様にご迷惑をおかけている事もあるようで、今後の課題となっています。
検体分析検査では、外来検体検査迅速対応を行っており、検査項目により違いがあるものの1時間以内での外来への報告を心がけて運用にしております。 
細菌検査では結核菌を対象に培養より格段に早く結果が出せるPCR検査を取り入れ運用しており、早ければ検体提出の当日、遅くとも翌日には結果報告が可能となっています。 
病理検査では、一般の病院と同様に病理、細胞診検査を主な業務としておりますが、アスベスト小体(石綿)の計測などにも取り組んでおります。 

以上、ごく簡単に検査科を紹介いたしましたが、その他にも月に一回の検査科内勉強会、各種研修会(院外)、学会発表・聴講などを通して常に新しい情報に接する事で、検査技師個人、検査室全体のレベルアップに努めております。 

どうぞ、山口宇部医療センター臨床検査科を宜しくお願い致します。